復職するかもしれない話

Unityの寺子屋2日目で2月20日中にchap4+αの内容を投稿すると宣言していましたが、実家が引っ越ししたことに伴っていろいろやることがあったので、そちらを優先しておりました。
また、休職期間がそろそろ終りに近いため、会社のほうからも連絡があり、今後どうしていくべきか(復職後に適応障害の症状が出ないためにどうしたらいいか、自分が復帰するにあたり会社にお願いすることなど)を考えたり、親に相談してみたりしていました。

主治医からは2月末まで休職診断書を出していただき、体調も良くなっている実感はあるものの、会社のほうと話す機会が何度も延期なっている関係で、自分がどんな悩みがあって、このようになってしまったのかを正確に伝えられていません。
そのような状況ですが、主治医の診断が2月末まで休職から変化がないのであれば、3月1日から復職を検討する必要があると会社のほうから言われてしまい、かなり不安を抱えております。
もともと面談が1月末→2月頭→2月末と延期に延期を重ね、2月末の面談で復職前に自分の思いを伝えようとしていた矢先に、会社のほうの都合で人事の方とお話する機会を3月前半にしてほしいとの連絡をもらいました。延期すること自体は不満ではなく、休職期間が伸びた分、自分のやりたいことや、今後の人生について考える時間が増えるので、自分としてはありがたいと思っていました。
しかし、3月頭の面談の日程調整などの連絡を取っていた中で、突然の3月1日から復職という話が出てきたので、正直なところ戸惑っております。
復職の前に一度人事の方と話をし、自分の思いや悩み、復職するにあたってお願いしたいことなどを伝えてから、復職に向けて動きたいと考えていたこともあって、なんの準備もできていない不安や、「そもそも戻れるのか」といった思いが強いです。
また、そういった状況で復職の話が出てしまったからなのか、今日は休職直前にあったような激しい気分の落ち込みがあり、日中はUnityの勉強をやれるような精神状態ではありませんでした。
休職決定前後は食欲もなく、吐き気や胃の痛みに悩まされていたのですが、今日も食欲はあるものの、胃がキリキリと痛く、吐き気を感じる瞬間もあり、症状が少し戻ってしまいました。
夜になり、大分落ち着いてきたので、ブログの更新をしようと思い、この記事を書いております。

復職の話が出てすぐにそういった症状が再発してきたので、「休職という長期の休みを手放したくないのでは?」「仕事をしたくないだけでは?」とも思いました。
正直、これを読んでいる方はそう思っているだろうと思いますし、甘えてるんじゃないの?と思っているのではないかと思います。自分でも何度もそう思いました。

ですが、職場の考えと自分の考えをすり合わせることが出来れば、こういった症状に悩まされることなく、普通に仕事ができるはずだと思っているので、復職に対する気持ちはかなり前向きだと思っています。
たしかに、休職期間中に自分がやってきていることはとても楽しく、成長も実感できますし、これを仕事にできたらどんなに良いだろうとも思いますが、仕事を今すぐやめて転職しようなどという思いはありません。
復職後、どうしてもダメであれば自分の人生を見つめなおして転職するといった選択を取ろうという考えです。
また、復職に前向きな理由としては、いずれ自分のやりたいことを仕事にしようと思ったときに、即やめてもリスクが大きいです。
それであれば、趣味や副職の範囲で自分でスキルアップを図って、そのスキルである程度稼げるようになれば、転職や独立といった形を取れればと思っています。
ですから、どちらかというと復職したい気持ちのほうが強いです。

とりあえず、来週の月曜に主治医のほうから診断を受け、その結果を会社のほうに報告する予定です。今後どうなっていくのか自分でもわかりませんが、体調や自分の気持ちに正直になって、生きていけたらと思っています。
不安もありますが、復職のことは深く考えず、残りわずかな休職期間を存分に自分のために使っていこうと思います。

長々と愚痴のようなものを書いてしまい反省しております…
ただ、こういった身の上話もしようと思っていたので、今回はちょうどよかったかもしれません。
また、休職に至った経緯や理由なども書いていこうかと思います。

それでは、この辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です