Unityの寺子屋1日目

学習内容

  • chap2:放置ゲームの作成
  • chap2内でわからなかったところ(UIImageとScript)

UIImage

・インスペクタ―内のRaycastTarget:オフにするとオフにされたイメージはタッチ判定の対象外となる。

Script

・(~)Instantiate(-):インスタンティエイト関数は引数(-)に渡したオブジェクトのクローン(インスタンス)を生成する。関数の前の()内(~)にGameObjectなどの型を入れると、指定した型にキャスト型変換して、指定した型の変数を代入する。

・SetParent関数:セットペアレント関数は親のオブジェクトを設定する関数。
 変数に対してこの関数の処理を行うと、引数に渡したオブジェクトの子として変数が設定される。

EventTriggerについて – Qiita

https://qiita.com/takesuke/items/e3b314aa7fd9111bc17f

代表例はボタンコンポーネントについてるOnClick。
詳細は上記リンクQiitaに記載されているので、参考にしてください!

イベントトリガーコンポーネントを目的のオブジェクト(本内ではプレハブ)にアタッチして、関数を読みだすのですが…ここで問題発生。

イベントトリガーコンポーネントを アタッチした後、関数を読みだすために”使いたい関数(メソッド)の書かれたスクリプトをアタッチしたオブジェクト”をNoneの部分にドラッグ&ドロップし、NoFunctionから目的の関数を呼び出すのですが、オブジェクトの部分にスクリプトを直接当ててしまっていたので、関数が全然呼び出されませんでしたw

そこそこ時間を無駄にしてしまいました…
調べてみるとあまりそういったミスをしている方はいなかったのですが、初心者や初学者、勉強したての方はミスってしまうのではないかと思い、残しておこうと思いました。

・DateTime.UtcNow Property:コンピューター上の現在の日時を世界協定時刻 (UTC) で表した DateTime オブジェクトを取得する。
時刻の差を記録するためにDateTime型同士の引き算をすると、その結果はTimeSpan型になるため、~秒間隔でなにかをする際には、TimeSpan型で時刻差を扱うようにしたほうが良い。

・FromSeconds():指定した秒数を表す TimeSpan を返します。秒数は、ミリ秒単位の精度で指定する。つまり、引数にいれたdouble型の数字をミリ秒単位の精度で秒数に直して返す関数。

・SetSiblingIndex(): ヒエラルキービュー内などのゲームオブジェクトの順番を指定した順番に直すような関数?。この本では、レベルアップの演出で表示する雲のオブジェクトを、2つのオブジェクトの間に表示させるために使用していた。
詳細は下記を参照。

Kanのメモ帳 – Hierarchy内の順序をプログラムで変える

・enum型:連続する定数(列挙体)を定義するための型。曜日や月など特定の値しかとりえないものに対して使われる。
詳細は以下を参照。

++C++;//未確認飛行C – 列挙型

https://ufcpp.net/study/csharp/st_enum.html

なんとかchap2の内容を一通り終えることが出来ました。
今まで2つの本を通して、ゲームってこんな感じでできるんだ!という思いと、意外と理解できるし、もう少し勉強すればサックっと一つくらいゲーム作れるかも!とか思っていました。
こんな調子だったのでこの寺子屋をはじめる前も、サクッと終わらせてゲーム一個作ってみよ!なんてことを考えていましたが、考えが甘かったみたいです….

というのも今までやっていた2冊に比べると内容は格段にレベルアップしております。やっていることは「UnityではじめるC#」の延長なのですが、スクリプトも複雑になってきて、スクリプト一つ一つでやっていることを理解することはできても、自分でこれを作れるのか?という不安が出てきました。

ただ、サンプルとして用意されているゲームのジャンルがとても素晴らしい(汎用性が高い)ので、実際に自作ゲームを作る際にかなり参考になる(流用できるところがかなり多い)だろうと感じています。
あと、そもそも最初の一つ目に作ったゲームなんて、たいていの人がクソゲーしか作れないだろうと思いますし、自分が抜群にできるやつとも思っていないので、最初はほぼスクリプトやシステムが丸パクリみたいなものでも、いいと思うようにしました。
ただ、この数週間でずぶの素人から、ここまで良くこれたものだとも思いますので、そこは褒めてあげて、さらにレベルアップしていきたいと思います。
寺子屋は時間がかかりそうなので少しずつでも進めていこうと思います。
あんまり根を詰めても精神的に良くないですし。

それでは、寺子屋の1日目はこれで終了です。
次はchap3に取り組んでいきます。

あ、あと参考にしたリンクなどを載せるようにしてみました。
同じようなところでつまずいた方が奇跡的にこのブログにたどり着いたとき、参考になればと思いますw
もし、なにかこうしたほうがいいよみたいなアドバイスなどありましたら、コメントを下さるとありがたいです。

それでは、ありがとうございました。
では、この辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です